台東区元浅草で七宝焼材料・七宝焼教室・坂森七宝工芸展・坂森七宝工芸店です

TOPページ 日本七宝の歴史 店舗紹介・アクセス 七宝教室・体験教室 お問い合わせ

日本七宝の歴史

      

日本の七宝歴史

明治・現代の七宝

東京七宝・勲章七宝

東京七宝工業協同組合

      

☆日本七宝の歴史☆

 日本七宝の歴史


七宝は、金、銀、銅などの基板の上に、ガラス質の釉薬をのせて、800度前後で焼成した工芸品です。 その優美な色彩と光沢から仏教典で七種の宝石(金・銀・瑠璃・玻璃・珊瑚・瑪瑙・しゃこ)にたとえられて日本では七宝と称され、世界中の人達から愛好されています。 七宝の歴史は、古代エジプト(ツタンカーメンの黄金の面の頭部に青色のガラス)までさかのぼることが出来ますが、中世にはキリスト教の聖具に使用され、多くの遺品を見ることが出来ます。中国では、景泰年間に七宝が非常に発達し、以後「景泰藍」が七宝を総称するようになりました。日本では、奈良県の牽牛子(けんごし)塚古墳から出土した亀甲型七宝金具がもっとも古いとされています。また、慶長年間に京都の平田彦四郎道仁(1591〜1646)が、朝鮮の技術者より七宝の技法を伝習して、江戸時代の七宝師となりました。はっきりした日本人による七宝製作が始まりました。この頃の七宝は泥七宝といわれ今のような艶のある七宝とは違っていました。江戸時代に幕府の七宝師となり桂離宮中書院の襖の引き手など建築金具に作品を残しています。その後、相伝により江戸時代著機を中心日光東照宮、名古屋城の釘隠し、引手などの一部に七宝が施され製作されました。代表作は重要文化財指定の花雲文七宝鐔でしょう。しかし特殊な用途と閉鎖的(一子相伝)により技術が広まることはありませんでした。 日本の七宝が世界から認められるようになったのは、幕末天保の頃、尾張の国の梶常吉がオランダ七宝を研究して、七宝工芸興隆の端緒を開いてからのことです。七宝は、明治の代表的な輸出品となり、明治七宝は欧米の愛好家に所蔵されています。 左の画像は正倉院の黄金瑠璃鈿背十二稜鏡(おうごんるりでんぱい)です。これは銀板を部分に分け、七宝を焼き付け組み合わせた物で全体を1度で焼成したわけではありませんが、当時の技術としては素晴らしい作品です。それ故中国で作られたのではないかという説も出ています。

牽牛子(けんごし)塚古墳 下記アドレスですhttp://www.asukanet.gr.jp/ASUKA2/ASUKAKOFUN/kegosiK.html